どうして水素が医療の現場で使われているの?

水素Q&A

地球上でもっとも小さい分子である水素は、体内に悪さをする悪玉活性酸素を水に変え、対外へ排出する力があります。

悪さをする活性酸素が体内から減れば、体は悪者退治に使っていた力を、健康維持や増進のために使うことができ、結果、深刻な体の悩み解決やエイジングケアにつながります。

この仕組みを利用して悪玉活性酸素を弱った体から排出し、健康づくりが出来る体に戻す考え方が、医療の現場に採用され始めています。

有名どころでは、慶應義塾大学大学院が2016年から、水素ガス吸入療法の導入を始めています。

ご家庭で水素ガス吸入をお手軽におこなう方法はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。