水素関連販売店様むけの薬事法対応広告文作成を代行します

薬機法(旧薬事法)関連

新型コロナによる恐怖体験から、あらためて普段の健康づくりが着目され、水素風呂や水素吸入アイテムへの人気も高まってきました。

フィットネスやサロン、雑貨店などで水素関連商品を扱う機会が増えていますが、水素を健康維持目的で販売するためには、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律。旧薬事法)や景品表示法などに則った文言で広告文を作成する必要があり、違反すれば販売停止や製品回収、罰金、社名公表などの厳しい罰則があります。

「うちは中小零細企業だから大丈夫」なんて思っていませんか?

事業規模は関係ありません。目に余る販促をすれば、発覚は時間の問題です。

たとえば、「水素吸入で新型コロナ対策」このコピーは薬機法違反です。

いっぽう「水素吸入でウィルス対策」であれば、薬機法違反にはなりません。

医療機器ではない製品は、商品説明時に特定のウィルス名を挙げることを禁止されています。

医療用として登録されていない水素発生機器は、医療機器ではなく、家電・雑貨です。

そのため、「新型コロナ」など特定のウィルス名を挙げ、あたかもそれらに作用するような表現をしてはいけない決まりになっています。

いっぽう「ウィルス」は「特定名」ではないことから、使用しても問題はありません。

とはいえ、「水素吸入でウィルスをデトックス」と書くと、これまた薬機法違反になります。

「デトックス」は解毒を指し、解毒は医療行為だからです。

 

このように、水素発生機器を健康維持目的で販売するのであれば、薬機法を知らずして説明文を書くことは出来ないのです。

とはいえ、薬機法をいちから勉強するには時間と費用がかかりますし、経験を積まなければ解決できないことが数多くあります。

そこで、当『水素美容ラボ』の薬事法管理者が、貴店の広告を薬機法対応文にリライトいたします。

消費者に正しく水素の素晴らしさを伝えるための活動ですので、

同業者大歓迎です!

費用は文字数や修正の具合によって変わりますが、既存の広告文1,000文字の薬機法チェックで3,000円(税別) ~承ります。

商品資料をもとに、いちから広告文の作成も可能です。

ご依頼・お問い合わせはこちらから

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。