健康も査定評価対象の時代。簡単に続けられる健康維持方法とは?

未分類

このページの内容

■病院を頼る時代は終わります
■誰もが知っているアレが新時代の健康維持を支える
■わりと簡単かつ良コスパで出来る健康維持方法

■病院を頼る時代は終わります

日本は手厚い健康保険のおかげで、ちょっとした咳や熱でも病院へ行くことがスタンダード。

家族や友人の調子が悪そうなときは「病院行った方がいいよ」と一声かけるのが親切、という風潮もあります。

でも世界を見渡せば、そう簡単に医療費補助は出ず、高額な医療費がかかる国のほうが多いのです。

海外で病院にかかったことがある人なら、保険がきかない時の医療費の高さに驚いた経験もあるでしょう。

その日本も年々国の医療費負担が増大し、減額政策に動いています。

減額にもっとも効果的なこと。

それは、一人でも多くの人が「健康な体」であることです。

会社員の方は実感していらっしゃると思いますが、企業レベルで「禁煙」「生活習慣病予防」などの目標を掲げたり活動を実施したりするケースも増えました。

なかには「禁煙補助金」「非喫煙者手当」がある企業も存在します。

日本もこれからは、「病気になったら病院へ行けばいい」という考えを改め、「病院へ行かなくていい体でいる」ことが必要な時代になります。

つまり、健康維持能力が問われるということです。

一般的な健康づくりには、じゅうぶんな睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などが挙げられますが、多忙な日々のなかでこれらを完璧に守ることは難しいのが現実。

■誰もが知っているアレが新時代の健康維持を支える

そこで取り入れたいのが、いま国策として注目されている「水素」です。

経済産業省 資源エネルギー庁 「ようこそ!水素社会へ」ページ

国策における「水素」は、おもにエネルギー源として注目されています。

燃料電池自動車(FCV)の燃料となる水素を補給する「水素ステーション」がイメージしやすいでしょうか。

水素は次世代の安全なエネルギー源としても注目されているとともに、健康維持のための研究も盛んにおこなわれています。

水素には、健康を阻害する物質を除去する力があるからです。

詳しくはこちら

健康の邪魔をする物を水素の力で体から排出してしまえば、体は排出に使うはずだった力を健康維持のために使うことができる。これが水素がもたらす健康効果です。

■わりと簡単かつ良コスパで出来る健康維持方法

では、どうやって水素を取り入れればいいのか。

それはとても簡単です。

水素水、水素吸入、水素風呂など、普通に売られている家庭用の水素アイテムで対応できます。

もちろん、家庭用の水素吸入器には医療用や水素サロンが提供するほどの水素濃度はありません。

ただ、健康維持には、高い濃度の水素を時々取り入れるより、家庭用レベルの濃度でいいので毎日続けることのほうが役立ちます。

水素商品を買うことにためらいがある場合は、レンタルを選ぶといいでしょう。

購入すると20万円以上する水素発生器が、レンタルなら月々3850円(税込)~で毎日利用できます。(初期費用7700円別途)

水素風呂リタライフ商品ページ

水素吸入器リタエアー商品ページ

見た目もスタイリッシュで、王道の湯沸かしポット程度の大きさです。

水素風呂用の機械では、次亜塩素酸水を作ることも可能です。

水素吸入器は、鼻から吸ったり、ミストとして美容家電的に使うことも可能です。

健康寿命の大切さを叫ばれるこの時代、命と健康能力のために水素を取り入れてみませんか。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。