マクドナルドが自店ゴミから水素燃料を作る実験開始

メディア情報

マクドナルドが、自社のプラゴミから水素を作り、電動バイクの燃料にする実験を始めたそうです。
世界的企業が、燃料にあえて「水素」を選ぶ辺り、水素の注目度の高さがわかります。

ニュース元(テレビ朝日)

水素は地球の健康を守る環境エネルギーとして注目されると同時に、

生き物の健康維持にも役立つとして、慶応義塾大学医学部が研究していたり、アスリートが生活に取り入れたりしています。

これまでは数十万円以上する高額の専用機械が必要で、一般家庭で毎日水素の恩恵を受けることなど高根の花でしたが、水素風呂「リタライフ」なら月々3850円、水素吸入器「リタエアー」なら月々4950円で機械をレンタルできます。

コロナ禍が続き、心も体も健康維持だ大切な今こそ、毎日の生活に水素を。

水素風呂「リタライフ」商品のご案内、お申し込みはこちら

水素吸入器「リタエアー」商品のご案内、お申込みはこちら

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。